日刊薬業トップ > 第一三共 デノスマブ  骨粗鬆症対象の国内P3で椎体骨折有意に減少

第一三共 デノスマブ  骨粗鬆症対象の国内P3で椎体骨折有意に減少

2012/10/15 19:46

 第一三共は15日、椎体骨折を有する原発性骨粗鬆症患者1262人を対象に実施した国内臨床第3相試験「DIRECT」の結果、AMG162(一般名=デノスマブ〈遺伝子組換え〉)の投与群は、プラセボ投与群と...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長が9日に本社で開いたシャイアー買収に関する記者会見の一問一答は次の通り。 ―シャイアーが持つ希少疾患の創薬技術を武田薬品の研究開発にどう生かしていくか。 シャイ ...続き

記者の質問に答える武田薬品のクリストフ・ウェバー社長

 製薬企業が従業員数の絞り込みを加速させている。日本ベーリンガーインゲルハイム(BI)が、本社の指示を受けMRの大幅削減に着手。塩野義製薬は今年度から営業現場の抜本的見直しに取り組む。早期退職者の募集 ...続き