日刊薬業トップ > 製薬企業 > セルジーン、成長見据え組織強化へ  野口新社長「アンメットニーズ高い領域でトップに」

セルジーン、成長見据え組織強化へ  野口新社長「アンメットニーズ高い領域でトップに」

2017/11/13 22:49

 2005年に設立したセルジーン日本法人が組織強化を進めている。これまで成長を牽引してきた免疫調節薬「レブラミド」(一般名=レナリドミド)に続く国内向け製品ラインアップが充実してきたことを踏まえ、対応...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 日本CSO協会が阿部安孝会長の下で新たなスタートを切った。製薬企業の経営環境が目まぐるしく変化する中、アウトソーシング需要に対応した新サービスの提案に取り組むという。ただ、コントラクトMR(CMR) ...続き

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は昨年10月に行った新オフィスへの移転を機に、働き方改革をさらに進める方針だ。とりわけ社員の多様性を受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」(D&I)を深化さ ...続き

オフィス移転を機に働き方改革を進めるGSK