日刊薬業トップ > 製薬企業 > GSK、がん領域の国内開発に再参入  新規作用メカニズムの抗体医薬で

GSK、がん領域の国内開発に再参入  新規作用メカニズムの抗体医薬で

2017/12/5 23:44

 グラクソ・スミスクライン(GSK)の菊池加奈子社長は5日の記者説明会で、国内の開発方針を見直し、がん領域に再参入することを明らかにした。GSKがグローバルで開発を進めているBCMA(B細胞成熟抗原)...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長が9日に本社で開いたシャイアー買収に関する記者会見の一問一答は次の通り。 ―シャイアーが持つ希少疾患の創薬技術を武田薬品の研究開発にどう生かしていくか。 シャイ ...続き

記者の質問に答える武田薬品のクリストフ・ウェバー社長

 製薬企業が従業員数の絞り込みを加速させている。日本ベーリンガーインゲルハイム(BI)が、本社の指示を受けMRの大幅削減に着手。塩野義製薬は今年度から営業現場の抜本的見直しに取り組む。早期退職者の募集 ...続き