日刊薬業トップ > 行政・政治 > 突発性発疹、定点当たり0.45で過去5年比「やや多い」  感染症週報第47週

突発性発疹、定点当たり0.45で過去5年比「やや多い」  感染症週報第47週

2020/12/7 10:37

 国立感染症研究所は4日、感染症週報第47週(11月16~22日)を公表した。突発性発疹の定点当たり報告数は0.45で、過去5年間の同時期と比べ「やや多い」結果となった。都道府県別の上位3位は佐賀・宮...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る