日刊薬業トップ > 製薬企業 > シオノギファーマ、「連続生産」で受託製造拡大へ  ゾフルーザで経験蓄積、24年度にCDMOで売上高100億円目指す

シオノギファーマ、「連続生産」で受託製造拡大へ  ゾフルーザで経験蓄積、24年度にCDMOで売上高100億円目指す

2021/2/12 04:30

 シオノギファーマは、新たな生産技術として注目される連続生産を強みとして、開発初期からの医薬品受託製造を行う「CDMO事業」を成長させる。昨年12月、親会社に当たる塩野義製薬が抗インフルエンザウイルス...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る