日刊薬業トップ > 製薬企業 > 国内初の短腸症候群薬「レベスティブ」を発売  武田薬品

国内初の短腸症候群薬「レベスティブ」を発売  武田薬品

2021/8/18 19:54

 武田薬品工業は18日、短腸症候群(SBS)治療薬「レベスティブ皮下注用3.8mg」(一般名=テデュグルチド〈遺伝子組換え〉)を発売したと発表した。同剤は、国内初となる小児および成人SBSの治療薬。 ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る