日刊薬業トップ > 製薬企業 > 協和キリン・宮本社長、国内事業で開発後期品に期待  ダーブロック・クリースビータも「伸びしろある」

協和キリン・宮本社長、国内事業で開発後期品に期待  ダーブロック・クリースビータも「伸びしろある」

2022/8/5 22:15

 協和キリンの宮本昌志社長は5日に開催した決算説明会で、今後の国内事業について、現在後期開発段階にあるパイプラインが成長ドライバーになるとの期待感を示した。また2020年に発売した腎性貧血治療剤「ダー...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る