日刊薬業トップ > FDAも期待のOA治療薬、年末にもP1b入り  お茶大発ベンチャーSANSHO 内資へ導出・売却に意欲

FDAも期待のOA治療薬、年末にもP1b入り  お茶大発ベンチャーSANSHO 内資へ導出・売却に意欲

2016/9/21 04:30

 お茶の水女子大発ベンチャー「SANSHO」(本社=東京・日本橋)の諸星俊郎社長は日刊薬業の取材に応じ、変形性膝関節症(OA)治療薬として開発している「2ccPA」の展開や今後の事業戦略を明らかにした...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 日本CSO協会が阿部安孝会長の下で新たなスタートを切った。製薬企業の経営環境が目まぐるしく変化する中、アウトソーシング需要に対応した新サービスの提案に取り組むという。ただ、コントラクトMR(CMR) ...続き

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は昨年10月に行った新オフィスへの移転を機に、働き方改革をさらに進める方針だ。とりわけ社員の多様性を受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」(D&I)を深化さ ...続き

オフィス移転を機に働き方改革を進めるGSK