日刊薬業トップ > 医薬品流通 > 現金問屋の業界団体、“秘密厳守”は禁止  「確認・保存」の偽造品対策を徹底へ

現金問屋の業界団体、“秘密厳守”は禁止  「確認・保存」の偽造品対策を徹底へ

2017/6/19 04:30

 C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品問題を受けて、東京・神田の現金問屋の業界団体「東京薬業卸協同組合」は16日、医薬品を仕入れる際に広告やホームページで“秘密厳守”をうたうことを禁止する方針を決めた...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長が9日に本社で開いたシャイアー買収に関する記者会見の一問一答は次の通り。 ―シャイアーが持つ希少疾患の創薬技術を武田薬品の研究開発にどう生かしていくか。 シャイ ...続き

記者の質問に答える武田薬品のクリストフ・ウェバー社長

 製薬企業が従業員数の絞り込みを加速させている。日本ベーリンガーインゲルハイム(BI)が、本社の指示を受けMRの大幅削減に着手。塩野義製薬は今年度から営業現場の抜本的見直しに取り組む。早期退職者の募集 ...続き