日刊薬業トップ > 解説 > GDPの国内導入議論が本格化へ  厚労省の偽造薬検討会、今秋再開 

GDPの国内導入議論が本格化へ  厚労省の偽造薬検討会、今秋再開 

2017/10/2 00:30

 C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品流出問題をきっかけに厚生労働省が今春に立ち上げた「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」が今秋にも再開される。6月に公表された中間とりま...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 武田薬品工業の研究職出身者が立ち上げたベンチャー企業「コーディア」の三宅洋社長(47)〈元湘南研究所癌創薬ユニットサイトヘッド〉は11月30日、日刊薬業のインタビューに応じた。三宅氏は「われわれがベ ...続き

インタビュー取材に応じるコーディアの三宅社長

 製薬企業の2018年3月期中間決算は、円安も追い風にしたグローバル製品の売り上げ増が業績を牽引した。その半面、国内市場はオーソライズド・ジェネリック(AG)を軸とする後発医薬品の普及と長期収載品の後 ...続き