日刊薬業トップ > 解説 > 慢性便秘症の新薬、相次ぎ登場へ  高齢者ほど高い有訴者率

慢性便秘症の新薬、相次ぎ登場へ  高齢者ほど高い有訴者率

2018/3/5 00:30

 日本国内の患者が1000万人以上ともいわれる慢性便秘症に対する治療選択肢が広がってきた。1月には、EAファーマと持田製薬が共同開発した「グーフィス」が国内製造販売承認を取得。2011年にスキャンポフ...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 日本CSO協会が阿部安孝会長の下で新たなスタートを切った。製薬企業の経営環境が目まぐるしく変化する中、アウトソーシング需要に対応した新サービスの提案に取り組むという。ただ、コントラクトMR(CMR) ...続き

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は昨年10月に行った新オフィスへの移転を機に、働き方改革をさらに進める方針だ。とりわけ社員の多様性を受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」(D&I)を深化さ ...続き

オフィス移転を機に働き方改革を進めるGSK