日刊薬業トップ > 臨床・学会 > 小児ALLで遺伝子多型の解析手法確立  成育医療センター  過剰な副作用、回避可能に

小児ALLで遺伝子多型の解析手法確立  成育医療センター  過剰な副作用、回避可能に

2018/7/11 19:39

 国立成育医療研究センター小児がんセンターの加藤元博医長らは11日、小児急性リンパ性白血病(小児ALL)などの治療に必須とされる代謝拮抗薬「ロイケリン」(一般名=メルカプトプリン水和物〈6-MP〉)に...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

薬価基準は最大の産業政策堤修三 前長崎県立大特任教授経済課長在任期間(1993年6月29日~94年9月1日)【経済課長の役割と機能】社会保険の原理に基づき筋を通す 私は、老人保健法の制度化に3年8カ月 ...続き

 日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会の上出厚志委員長(アステラス製薬上席執行役員渉外部長)は日刊薬業の取材に応じ、4月にスタートした費用対効果評価制度に対する見解を示した。上出氏は「品目選定基準と価 ...続き

 「われわれは医薬品の広告ではなく、患者の治療につながる適正情報を知りたい。(各社が自主規制する)今のままなら、適正情報の提供は進まず、臨床研究も難しくなり、学術研究の衰退につながる」―。神奈川県内科 ...続き

宮川氏

 2008年4月から5期11年にわたり医薬品医療機器総合機構(PMDA)を牽引してきた近藤達也理事長が今月限りで退任する(既報)。退任の理由、任期中の成果や課題、退任後のプランなどについて話を聞いた。 ...続き

Interview_近藤理事長