日刊薬業トップ > 臨床・学会 > ゾフルーザ「既存薬に取って代わる」  廣津医院の廣津院長

ゾフルーザ「既存薬に取って代わる」  廣津医院の廣津院長

2018/11/15 19:09

 廣津医院(川崎市高津区)の廣津伸夫院長は15日、塩野義製薬主催のメディアセミナーで、今年3月に発売開始となった抗インフルエンザウイルス剤「ゾフルーザ」について、「単回投与の利便性、高い有効性と安全性...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る