日刊薬業トップ > 記者コラム > 重鎮の放った一言

重鎮の放った一言

2019/4/16 00:00

 「厚生労働省は与党に連絡なく、診療報酬点数や薬価収載を決める。部会長もよく注意してほしい」 先月開かれた、自民党厚生労働関係議員と製薬企業関係者でつくる「製薬産業政策に関する勉強会」(いわゆる衛藤勉...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

記者コラム 最新記事

企業の見識ある方々との交流にやりがい高倉信行 帝人顧問経済課長在任期間(2002年8月30日~04年7月22日)【記憶に残る仕事】産業ビジョンのフォローアップに取り組む 経済課長の直後に年金課長を3年 ...続き

 財務省主計局の吉野維一郎主計官は日刊薬業の取材に応じ、4月に始まった費用対効果評価制度について、体制強化や評価の迅速化を図りつつ、今後は既収載品も含めて対象品目の拡大を検討するよう求めた。評価結果を ...続き

 「われわれは医薬品の広告ではなく、患者の治療につながる適正情報を知りたい。(各社が自主規制する)今のままなら、適正情報の提供は進まず、臨床研究も難しくなり、学術研究の衰退につながる」―。神奈川県内科 ...続き

宮川氏

 2008年4月から5期11年にわたり医薬品医療機器総合機構(PMDA)を牽引してきた近藤達也理事長が今月限りで退任する(既報)。退任の理由、任期中の成果や課題、退任後のプランなどについて話を聞いた。 ...続き

Interview_近藤理事長