日刊薬業トップ > 臨床・学会 > 「ゾフルーザ」、耐性ウイルス拡大に警鐘  愛知医科大・山下客員教授

「ゾフルーザ」、耐性ウイルス拡大に警鐘  愛知医科大・山下客員教授

2019/7/15 13:10

  愛知医科大感染症科の山下誠客員教授は14日、日本臨床内科医会(日臨内)などが主催したセミナーで講演し、抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」の使用に伴う公衆衛生上の問題について「私たちは、間違い...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る