日刊薬業トップ > 大日本住友、在宅勤務制度スタート  育児・介護の従事社員対象に

大日本住友、在宅勤務制度スタート  育児・介護の従事社員対象に

2016/8/19 18:06

 大日本住友製薬は育児や介護に携わる正社員を対象に、在宅勤務制度の運用を始めた。育児・介護の期間でもキャリア形成や能力発揮を望む社員のために、効率的に働ける機会を提供する。同社は制度の活用による新たな...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

 日本CSO協会が阿部安孝会長の下で新たなスタートを切った。製薬企業の経営環境が目まぐるしく変化する中、アウトソーシング需要に対応した新サービスの提案に取り組むという。ただ、コントラクトMR(CMR) ...続き

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は昨年10月に行った新オフィスへの移転を機に、働き方改革をさらに進める方針だ。とりわけ社員の多様性を受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」(D&I)を深化さ ...続き

オフィス移転を機に働き方改革を進めるGSK