日刊薬業トップ > 医療機関・薬局 > メディシス  一部報道に反論「集中率操作ではない」、改定迫った時期の不正開始も「たまたま」

メディシス  一部報道に反論「集中率操作ではない」、改定迫った時期の不正開始も「たまたま」

2017/9/21 10:14

 メディカルシステムネットワークの連結子会社で、調剤薬局を展開するシー・アール・メディカル(名古屋市)の取締役事業部長だった社員がクリニックの医師に無診察処方を依頼していた問題で、メディシスは20日、...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 武田薬品工業の研究職出身者が立ち上げたベンチャー企業「コーディア」の三宅洋社長(47)〈元湘南研究所癌創薬ユニットサイトヘッド〉は11月30日、日刊薬業のインタビューに応じた。三宅氏は「われわれがベ ...続き

インタビュー取材に応じるコーディアの三宅社長

 製薬企業の2018年3月期中間決算は、円安も追い風にしたグローバル製品の売り上げ増が業績を牽引した。その半面、国内市場はオーソライズド・ジェネリック(AG)を軸とする後発医薬品の普及と長期収載品の後 ...続き