日刊薬業トップ > 解説 > ビジョンモデルの終焉、第2ラウンドはあるか  ジャパンワクチン解散

ビジョンモデルの終焉、第2ラウンドはあるか  ジャパンワクチン解散

2018/11/19 00:30

 ジャパンワクチンの解散が発表された。国内大手製薬企業と外資の合弁モデルがわずか6年間で破綻したのは残念だ。 10年以上前、諸外国で汎用されているワクチンが日本国内だけ使えない「ワクチン・ギャップ」が...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

創薬の基盤整備、規制緩和、規制調和を産業政策の柱に伍藤忠春 日本製薬工業協会理事長経済課長在任期間(1994年9月2日~96年7月1日)【記憶に残る仕事】忘れ難い2度の大災害との遭遇 印象に残っている ...続き

 財務省主計局の吉野維一郎主計官は日刊薬業の取材に応じ、4月に始まった費用対効果評価制度について、体制強化や評価の迅速化を図りつつ、今後は既収載品も含めて対象品目の拡大を検討するよう求めた。評価結果を ...続き

 「われわれは医薬品の広告ではなく、患者の治療につながる適正情報を知りたい。(各社が自主規制する)今のままなら、適正情報の提供は進まず、臨床研究も難しくなり、学術研究の衰退につながる」―。神奈川県内科 ...続き

宮川氏

 2008年4月から5期11年にわたり医薬品医療機器総合機構(PMDA)を牽引してきた近藤達也理事長が今月限りで退任する(既報)。退任の理由、任期中の成果や課題、退任後のプランなどについて話を聞いた。 ...続き

Interview_近藤理事長