日刊薬業トップ > 解説 > 新たなモダリティー、どう取り込むか  「オプジーボ」に見る共通の課題

新たなモダリティー、どう取り込むか  「オプジーボ」に見る共通の課題

2018/10/15 00:30

 京都大の本庶佑氏のノーベル賞受賞のきっかけとなったのが小野薬品工業の抗PD-1抗体「オプジーボ」。小野薬品の開発の経緯をたどると、日本の製薬企業がグローバルでの競争に打ち勝つための共通の課題が見えて...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 バイオシミラー(BS)の普及に拍車が掛かってきた。エタネルセプト(先行品「エンブレル」)が想定を上回る需要で生産が追いつかず、がん領域のリツキシマブ(先行品「リツキサン」)も売り上げ予想の上振れが見 ...続き

 京都大の本庶佑氏のノーベル賞受賞で、ますます存在感が高まっている免疫チェックポイント(CP)阻害剤。連載最終回は実際にCP阻害剤を使って患者を治療している国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎副院 ...続き

取材に応じる国立がん研究センター中央病院の大江副院長