日刊薬業トップ > 解説 > バイオシミラー、シェア拡大着々  経済効果前面に品質不安払拭へ

バイオシミラー、シェア拡大着々  経済効果前面に品質不安払拭へ

2020/5/11 00:30

 バイオシミラー(BS)の市場浸透が確実に進んでいる。中外製薬と協和キリンが2020年1~3月期の業績を発表した中で、その傾向が明らかになってきた。旺盛な需要に対応できず出荷調整となった製品もあり、認...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る