日刊薬業トップ > 行政・政治 > 【中医協】予見可能性の崩壊を懸念  日薬連・多田会長

【中医協】予見可能性の崩壊を懸念  日薬連・多田会長

2017/10/11 22:43

 日本製薬団体連合会の多田正世会長は11日の中医協・費用対効果評価・薬価・保険医療材料の3専門合同部会で、「現行の薬価制度と整合性が取れなくなることが一番の懸念点だ」と述べた。 多田会長は現行の薬価制...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

 武田薬品工業の研究職出身者が立ち上げたベンチャー企業「コーディア」の三宅洋社長(47)〈元湘南研究所癌創薬ユニットサイトヘッド〉は11月30日、日刊薬業のインタビューに応じた。三宅氏は「われわれがベ ...続き

インタビュー取材に応じるコーディアの三宅社長

 製薬企業の2018年3月期中間決算は、円安も追い風にしたグローバル製品の売り上げ増が業績を牽引した。その半面、国内市場はオーソライズド・ジェネリック(AG)を軸とする後発医薬品の普及と長期収載品の後 ...続き