日刊薬業トップ > 製薬企業 > がん事業で米子会社2社と本格協働へ  大日本住友、活動管理し相乗効果を創出

がん事業で米子会社2社と本格協働へ  大日本住友、活動管理し相乗効果を創出

2017/11/14 20:44

 大日本住友製薬は、グループ全体のがん領域事業の研究開発を進展させるため、米国子会社のボストン・バイオメディカル社(BBI社)とトレロ社の3社による本格的な協働に乗り出した。今年4月に大日本住友に「G...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 日本CSO協会が阿部安孝会長の下で新たなスタートを切った。製薬企業の経営環境が目まぐるしく変化する中、アウトソーシング需要に対応した新サービスの提案に取り組むという。ただ、コントラクトMR(CMR) ...続き

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は昨年10月に行った新オフィスへの移転を機に、働き方改革をさらに進める方針だ。とりわけ社員の多様性を受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」(D&I)を深化さ ...続き

オフィス移転を機に働き方改革を進めるGSK