日刊薬業トップ > 臨床・学会 > 進行期CKDの新薬開発GLが完成、腎臓学会  代替エンドポイントの活用可能に

進行期CKDの新薬開発GLが完成、腎臓学会  代替エンドポイントの活用可能に

2018/2/26 20:09

 日本腎臓学会は25日、東京都内で公開セミナーを開き、進行期の慢性腎臓病(CKD)の新薬開発に関するガイドライン(GL)が完成したことを報告した。代替エンドポイントの活用によって、臨床試験の期間や患者...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る