日刊薬業トップ > 製薬企業 > 【Interview】毎年改定時代、次元違う業務効率化を  中外製薬・永山治会長〈3〉

【Interview】毎年改定時代、次元違う業務効率化を  中外製薬・永山治会長〈3〉

2018/8/8 18:50

●10年後、製薬企業の利益が消える? 永山氏 先日、有名なコンサルティング会社のデータを見ていたら、製薬企業がこのまま、売上高に対して17%程度の研究開発費を使い続けた場合、ちょうど10年後くらいには...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

Interview(インタビュー) 特集・連載一覧

関連記事

 エンサイスが発表した2018年度上半期(4~9月)の製品売上高ランキングによると、断然のトップはC型肝炎治療薬「マヴィレット」で、薬価ベース719億円に到達した。ただ、単月で見ると4月をピークに漸減 ...続き

 京都大の本庶佑氏のノーベル賞受賞で、ますます存在感が高まっている免疫チェックポイント(CP)阻害剤。連載最終回は実際にCP阻害剤を使って患者を治療している国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎副院 ...続き

取材に応じる国立がん研究センター中央病院の大江副院長