日刊薬業トップ > 解説 > 「納得感」と「信頼性」がキーワード  費用対効果評価、不断の見直しを

「納得感」と「信頼性」がキーワード  費用対効果評価、不断の見直しを

2019/4/1 00:30

 4月から費用対効果評価制度が始まる。本紙は、中医協関係者や政府、与党議員といった医療政策決定者への取材を続けている。まだ掲載していない記事もあるが、今回は支払い側の代表的な意見と今後の課題について触...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

企業が主役で黒子に徹する木下賢志 厚生労働省年金局長経済課長在任期間(2008年7月11日~09年12月31日)【記憶に残る仕事】役人生活でめったに出会えない経験  新薬創出加算の導入 一つはなんと言 ...続き

 4月にスタートした費用対効果評価制度。中医協では約7年間かけて新制度を作り上げた。最終回は、制度取りまとめの陣頭指揮を執った厚生労働省保険局医療課・古元重和企画官に話を聞いた。古元氏は、患者アクセス ...続き

 「われわれは医薬品の広告ではなく、患者の治療につながる適正情報を知りたい。(各社が自主規制する)今のままなら、適正情報の提供は進まず、臨床研究も難しくなり、学術研究の衰退につながる」―。神奈川県内科 ...続き

宮川氏

 2008年4月から5期11年にわたり医薬品医療機器総合機構(PMDA)を牽引してきた近藤達也理事長が今月限りで退任する(既報)。退任の理由、任期中の成果や課題、退任後のプランなどについて話を聞いた。 ...続き

Interview_近藤理事長