日刊薬業トップ > 臨床・学会 > 【存在感増すCP阻害剤】〈7〉治癒目指す戦いへ、免疫同士の併用に期待  国がん・大江副院長

【存在感増すCP阻害剤】〈7〉治癒目指す戦いへ、免疫同士の併用に期待  国がん・大江副院長

2018/10/5 04:30

 京都大の本庶佑氏のノーベル賞受賞で、ますます存在感が高まっている免疫チェックポイント(CP)阻害剤。連載最終回は実際にCP阻害剤を使って患者を治療している国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎副院...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

存在感増すCP阻害剤 特集・連載一覧

関連記事

薬価基準は最大の産業政策堤修三 前長崎県立大特任教授経済課長在任期間(1993年6月29日~94年9月1日)【経済課長の役割と機能】社会保険の原理に基づき筋を通す 私は、老人保健法の制度化に3年8カ月 ...続き

 日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会の上出厚志委員長(アステラス製薬上席執行役員渉外部長)は日刊薬業の取材に応じ、4月にスタートした費用対効果評価制度に対する見解を示した。上出氏は「品目選定基準と価 ...続き

 「われわれは医薬品の広告ではなく、患者の治療につながる適正情報を知りたい。(各社が自主規制する)今のままなら、適正情報の提供は進まず、臨床研究も難しくなり、学術研究の衰退につながる」―。神奈川県内科 ...続き

宮川氏

 2008年4月から5期11年にわたり医薬品医療機器総合機構(PMDA)を牽引してきた近藤達也理事長が今月限りで退任する(既報)。退任の理由、任期中の成果や課題、退任後のプランなどについて話を聞いた。 ...続き

Interview_近藤理事長