日刊薬業トップ > 解説 > 薬剤費抑制策、今年の焦点は「費用対効果」  骨太方針の審議が本格化

薬剤費抑制策、今年の焦点は「費用対効果」  骨太方針の審議が本格化

2018/4/23 00:30

 今年の骨太方針は、今後3年程度(2019~21年度)の歳出計画を練り直す節目になる。国は16~18年度の過去3年間、社会保障関係費の自然増を1.5兆円に、年間約5000億円に抑制した。ただ内閣府の試...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

関連記事

 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長が9日に本社で開いたシャイアー買収に関する記者会見の一問一答は次の通り。 ―シャイアーが持つ希少疾患の創薬技術を武田薬品の研究開発にどう生かしていくか。 シャイ ...続き

記者の質問に答える武田薬品のクリストフ・ウェバー社長

 オーソライズド・ジェネリック(AG)の勢いが止まらない。2017年度決算で業績への貢献が顕著になり、その半面、先発医薬品の急速な減収を招いている。17年度に3製品を発売した第一三共エスファは、売上高 ...続き