日刊薬業トップ > 臨床・学会 > 「レンビマ」肝がん1次治療の主流に  近畿大・工藤教授

「レンビマ」肝がん1次治療の主流に  近畿大・工藤教授

2018/9/18 21:28

 近畿大医学部消化器内科の工藤正俊主任教授は18日のセミナー(エーザイ主催)で講演し、肝細胞がんの国内適応追加から半年を経た抗がん剤「レンビマ」(一般名=レンバチニブ)について、「1次治療薬の主流とな...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

 エンサイスが発表した2018年度上半期(4~9月)の製品売上高ランキングによると、断然のトップはC型肝炎治療薬「マヴィレット」で、薬価ベース719億円に到達した。ただ、単月で見ると4月をピークに漸減 ...続き

 京都大の本庶佑氏のノーベル賞受賞で、ますます存在感が高まっている免疫チェックポイント(CP)阻害剤。連載最終回は実際にCP阻害剤を使って患者を治療している国立がん研究センター中央病院の大江裕一郎副院 ...続き

取材に応じる国立がん研究センター中央病院の大江副院長